千葉県【曹洞宗太嶺山 高照寺 公式サイト】

樹木葬の魅力

樹木葬とは、花や木などの樹木を墓石の代わりとした新しい葬送の形であり、日本では1999年以降に登場し始めました。そこから瞬く間に話題を集めるようになったのですが、その理由は樹木葬の魅力が関係していると思います。こちらでは、樹木葬の魅力についてご紹介したいと思います。

一般の埋葬に比べて費用負担が少ない

「お墓にあまりお金をかけられない」「子供たちに負担をかけるのは申し訳ない」と、費用面を心配される方も多いようです。実際問題、お墓を作るには何百万円と膨大な出費が伴います。その点、樹木葬であれば墓石が不要なため、30万〜70万ほどに抑えることが可能となります。費用の心配をされる方にとっても、予算の範囲内で安心してご利用頂けると思います。

「自然に還りたい」という故人の想いが尊重される

「死後は大好きな木々や自然に囲まれて土に還りたい」と考える人がここ数年で急増しています。カロートや骨壺が必要とされるこれまでのお墓とは異なり、樹木葬では対象となる樹木の根元付近にお遺骨を直に埋葬するため、「自然に還る」という故人の願いを実現し、大自然のふところに抱かれながら、ゆっくりと眠ることができるのです。

永代供養のため、後継者の心配がない

家族の形式が多様化するとともに、お墓の継承問題も多発してきました。「跡継ぎがいない」「個人のお墓に入りたい」「死後は墓の世話をかけたくない」といったような、時代のニーズにマッチしたお墓のスタイル『永代供養墓』が一般的になりつつあります。樹木葬の場合、『永代供養墓』と同様に、寺院が責任を持って供養と管理を行います。

新しい葬儀の形式、樹木葬の墓地をお探しなら、千葉県南房総市にある曹洞宗太嶺山高照寺をご利用下さい。