千葉県【曹洞宗太嶺山 高照寺 公式サイト】

生前から葬儀について考えておくメリット

近年は、時代の流れによりお葬式に関する意識や考え方が変わりつつあります。最近では、生前に「自分の死後」について考える方も増えてきました。「生きている間に死後について考えるなんて・・」という方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、お葬式では決めなくてはいけないこともたくさんあり、自身の納得いく葬儀ができない可能性もあります。

残されたご家族の負担や自分が納得できるお葬式にするためにも、事前に死後について考えていくことは決して悪いことではありません。

葬儀の内容をゆっくり決めることができる

葬儀について事前に調べておき、ご家族に相談してじっくり話し合っておくことで、葬儀に関する家族間のトラブルを防ぐことにも繋がります。

さらに最近では、「死後は自然に還りたい」と、散骨や土葬、樹木葬など火葬以外の埋葬をご希望される方も増えてきました。これらの埋葬法も生前にじっくり考え、ご家族に相談しておくことによって叶えられるはずです。

ご家族の精神的負担が軽減される

大切な人を失ったご家族は、悲しみで精神的負担も大きいものです。しかし、葬儀の準備はその悲しみを待ってはくれません。精神的に傷を負ったご家族は、悲しみの中葬儀の準備を着々と進めていかなければならないため、冷静な判断ができなかったり、気が動転したりしてスムーズな準備ができないことも多々あります。そんな時、葬儀の内容や会場、費用面、参列者が予め決められていたらどうでしょう?ご家族は余裕ができ、慌てることなく葬儀をスムーズに行うことができます。

生前に葬儀について考えるということは、決して「縁起の悪いもの」というものではありません。残されたご家族の負担を軽減してあげられる最も良い手段です。「葬儀について考えてみようかな・・」と思っている方は、是非これを機にご検討されてみてはいかがでしょうか。

花に囲まれたお墓で眠りたいという方、または、自然豊かな場所で樹木葬をご希望される方は、是非曹洞宗太嶺山高照寺をご検討下さい。千葉県南房総市の自然に包まれた穏やかな場所に樹木葬墓苑と彩の花墓苑をご用意しております。その他、しだれ桜が好きな方に最適なしだれ桜の共同墓苑もご用意しております。