千葉県【曹洞宗太嶺山 高照寺 公式サイト】

永代供養の豆知識

皆さんは、永代供養についてどのくらいご存知でしょうか。こちらでは、永代供養の豆知識をご紹介いたします。永代供養に関して少しでも理解を深め、ご検討頂ければと思います。

永代供養と無縁仏の違いとは

永代供養と無縁仏、どちらもお寺に納骨されるため、同じものであるとお考えの方も一部いらっしゃるようです。しかし、実際には大きな違いがあります。永代供養は、今後墓守を継承する人がいないなどの事情から、自身や親族が事前にきちんとお寺に相当の費用を払い、供養を依頼するものです。
それに対し、無縁仏は墓守を継承する人がいないにも関わらず、何の処理もされずに放置された仏(御霊)のことを指しています。管理費用も支払われていないため、墓を撤去するか管理していくかはお寺の判断に任されることになります。しかし、無縁仏にしてしまうというのは、ご先祖様も浮かばれません。そのため、生前にお墓をどうするのかということをしっかり決めておくことをおすすめします。

お参りやお供えは必要か

永代供養の場合、お寺が適切に管理や読経を行います。だからと言って、お参りやお供えは必要ないのかと問われれば、決してそのようなことはありません。ご先祖様や故人への気持ちをお持ちでしたら、供養を行っていくと良いでしょう。どうやれば良いのか分からないという方もいらっしゃいますが、厳密なルールに従う必要はありません。お墓の前で手を合わせるだけでも、十分な供養になります。
お供えも、故人が好きだった花や食べ物をお供えしてあげる場合が多いです。

永代供養へ改葬するには

永代供養へ改葬するには、手続きが必要になります。まずは、お墓のある市町村役場から「改葬許可申請書」をもらって記入し、お墓のあるお寺から署名・押印をもらいます。そして、新たに納骨する永代供養墓のお寺から「使用(納骨)許可書」をもらってこれまでの市町村役場へ行き、「改葬許可証」を発行してもらって下さい。その後、これまでのお墓のお寺で魂抜きをして遺骨を取り出してもらい、新しいお寺へ「遺骨」と「改葬許可証」を持参します。最後に永代供養墓へ納骨あるいは合祀をしてもらって完了です。

千葉の南房総で永代供養をお探しでしたら、曹洞宗太嶺山高照寺をご利用下さい。曹洞宗太嶺山高照寺では、自然に還る樹木葬による永代供養も承っております。永代供養に関する価格や疑問等ございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。